恋人の聖地|ココからはじまる、幸せ広がれプロジェクト。

恋人の聖地とは - 恋人の聖地プロジェクトについて

♥ 恋人の聖地プロジェクトの趣旨

 NPO法人地域活性化支援センターでは「少子化対策と地域の活性化への貢献」をテーマとした『観光地域の広域連携』を目的に「恋人の聖地プロジェクト」を展開しています。
 恋人の聖地プロジェクトでは、2006年4月1日より、全国の観光地域の中からプロポーズにふさわしいロマンティックなスポットを「恋人の聖地」として選定し、地域の新たな魅力づくりと情報発信を図るとともに、地域間の連携による地域活性化を図っています。
 また、このプロジェクトでは「非婚化・未婚化の進行」を少子化問題のひとつとして捉え、日本全国で選定された100ヶ所を越える「恋人の聖地」とともに、フランスのモン・サン・ミッシェルをはじめ海外の著名な観光地にも参画いただき、各地域による様々な活動を通して若い人々のみならず地域社会に向けて「結婚」に対する明るい希望と空気の醸成を図るための活動をしています。

♥ 恋人の聖地プロジェクトの背景/課題

 70~80年代女性誌・旅行雑誌等にもてはやされ、アンノン族と呼ばれる女性を中心とする若い人々に支持され賑わっていた全国の観光地は、社会・経済環境の変化、若い人々のライフスタイルならびに余暇の過ごし方の変化に伴い、若い人々の「旅」離れが進み、各観光地は集客のターゲットを若年層から中高年へとシフトせざるを得なくなってきています。
 そして、若い人々のいなくなった観光地では、次代の地域活性化の担い手となるべき地域の若者たちの活躍の場が失われ、地域から発信される情報の活力がますます失われていくという悪循環に陥ってしまっています。

♥ 地域活性化・少子化対策に関しての基本的な考え方/コンセプト

 地域活性化においては、「恋愛」「プロポーズ」「結婚」をテーマとして、若い人々を中心ににまだまだ触れたことのない日本全国の素晴らしいスポットを紹介し、訪ねていただくための『新たな旅の動機作りを図り、各地域の観光誘客に貢献する』とともに、受け皿となる観光地域には、若い人々を迎え入れるための様々なプラン作り等を通して、『各地域の若者達の活躍の舞台を提供』していきたいと考えています。
 また、少子化対策への取り組みにおいては、『少子化の大きな要因のひとつとなっている「非婚化」「晩婚化」に対するアプローチ』を目的として、若い人々ならびに取り巻く社会に、結婚の素晴らしさ、家庭を築くこと、ひととの繋がりの素晴らしさを感じていただくための活動をしていきたいと考えています。
 厳しい社会環境の中で、経済効率・雇用環境のみがクローズアップされ、恋愛、プロポーズ、結婚・・・等々は、個人的な問題と捉えられて世の中から掻き消されてしまいました。私たちは『世の中に「恋愛」「プロポーズ」「結婚」等、日本の未来につながるキーワードを復活』させ、若い人々が自然に「恋愛」「プロポーズ」「結婚」を語れる世の中にしていくための、さまざまな情報の発信を通して少子化対策に貢献していきたいと考えています。

♥ 恋人の聖地プロジェクトの展開について

 「恋人の聖地プロジェクト」では、地域活性化と少子化対策への貢献の両立を図るため、全国の観光地域に呼び掛け、既存の観光スポットを「プロポーズにふさわしいロマンチックなスポット」恋人の聖地として選定。「恋人の聖地」の名称とコンセプトを共有することにより、既存の観光スポットのリノベーションを図り、新たな観光スポットとして訴求力を高め、新たな来訪客層の開拓を可能としています。
 また「恋人の聖地」の他地域・企業等とのネットワーク展開とブランド化により、各地域単独では困難な情報発信力向上を図り、各地域の集客力を高めるとともに、「恋愛」「恋人」「プロポーズ」「結婚」等々、非婚化・晩婚化に対する重要なキーワードの社会への大幅な浸透力向上を図っています。

♥ 恋人の聖地の選定基準

  1. 地域を代表する観光施設・地域であること。(※観光施設は有料・無料を問いません。)
  2. 「恋人の聖地」銘板を付帯設置することが可能なスペースを有すること。
  3. 継続的な展開を前提とした本プロジェクトの趣旨に賛同いただけること。 また、そのための運営管理主体が明確であること。(※運営管理主体は公の機関、民間を問いません。)

♥ 恋人の聖地の現況

2017年1月1日現在、恋人の聖地プロジェクトは、全国140ヶ所の恋人の聖地、87ヶ所の恋人の聖地サテライト、海外3ヶ所の恋人の聖地と連携して展開しています。

恋人の聖地サテライトとは(企業団体によりご参画いただくために)

 「恋人の聖地プロジェクト」ではプロジェクトの主旨に賛同いただける企業・団体の皆様が、通常の企業団体の活動を通して各地域の「恋人の聖地」と連携し、恋人の聖地プロジェクトの啓発活動に貢献いただくための「恋人の聖地サテライト」の選定も併せて進めています。
 「恋人の聖地サテライト」は、プロジェクトの趣旨にご賛同いただける一般企業・団体の皆様が運営管理する、プロポーズにふさわしいロマンティックなスポット・施設等の中から選定します。通常の事業活動、広告宣伝・販売促進活動、社会貢献活動を通して、『地域の活性化』ならびに『少子化対策への貢献』にご協力いただきます。

恋人の聖地サテライトの選定基準

  1. 継続的な展開を前提とした本プロジェクトの趣旨に賛同いただけること。
    また、そのための運営管理主体が明確であること。
  2. 通常の事業活動との連携が可能であること。
  3. 「恋人の聖地サテライト」選定証、プレートを掲出いただけること。

♥ 恋人の聖地 選定委員

2006年選定委員 日比谷松本楼
2006年選定委員 日比谷松本楼

恋人の聖地は下記の選定委員の皆様により選定させていただいています。

選定委員の活動ファッションデザイナー 桂由美、華道家 假屋崎省吾 銘板授与式・セレモニー・植樹など
活動の様子
プロポーズの言葉コンテスト
ゲスト審査委員/菊川怜さん・西川史子さん・早見 優さん・石田純一さん・北乃きいさん・安めぐみさん
森泉さん・IMALUさん・板野友美さん・春香クリスティーンさん
第1回 2007年
第1回 2007年
第2回 2008年
第2回 2008年
第1回 2009年
第3回 2009年
第4回 2010年
第4回 2010年
第5回 2011年
第5回 2011年
第6回 2012年
第6回 2012年
第7回 2013年
第7回 2013年
第8回 2014年
第8回 2014年
第9回 2015年
第9回 2015年
第10回 2016年
第10回 2016年

♥ 恋人の聖地の運営

恋人の聖地プロジェクトはNPO法人地域活性化支援センターにより運営され、
同センター内に恋人の聖地運営事務局が設置されています。