恋人の聖地|ココからはじまる、幸せ広がれプロジェクト。

聖地へGO! - 全国各地のラブパワースポットへ行ってみよう

こうだいじ
高台寺

高台寺

高台寺は豊臣秀吉の没後、正室北政所(ねね)が夫の菩提を弔うため、徳川家康の政治的配慮から莫大な財政援助を得て建立したお寺で、「ねねの寺」とも呼ばれている。境内には2つの池を中心にして、囲むように数棟の建物が建てられて、方丈、書院、開山堂、霊屋を廊下でつなぐ面白い建築になっている。北政所の没後、寛政年間(1789~1801)以後、度重なる火災により多くのものは焼失しているが、開山堂・表門・観月台・霊屋(おたまや)・傘亭、時雨亭などは残っている。

住 所 京都市東山区高台寺下河原町526 [MAP]
アクセス 阪急河原町駅・京阪四条駅から市バス207→東山安井停下車東へ徒歩5分、JR京都駅・近鉄京都駅から市バス206(東山廻り)→東山安井停下車東へ徒歩5分、JR京都駅・近鉄京都駅からタクシーで約15分
H P http://www.kodaiji.com

デートプラン

庭を愛でてみる

11:00 庭を愛でてみる

縁側に座って静かに庭を眺めるというのもお寺の楽しみ方のひとつかもしれない。
小堀遠州作といわれる庭園は桃山時代を代表するもので、開山堂をはさんで西の偃月池(えんげつち)と東の臥龍池(がりょうち)の2つの池がある。石庭の中に咲く2本のしだれ桜が見事だとか。桜の季節にまた来たいね。


開山堂は天井をチェック

11:30 開山堂は天井をチェック

重要文化財に指定されている開山堂には開山の三江紹益禅師をまつっているが、元は持仏堂として使われていた。 礼堂部中央の色彩天井には、北政所の御所車の天井が、前方の格子天井には秀吉が使った御船の天井が用いられている。極彩色でとてもきれい。


ねねと秀吉のように仲良くいきたいね

11:45 ねねと秀吉のように仲良くいきたいね

秀吉とねねをまつってある霊屋(おたまや)には、高台寺蒔絵で彩られた二人の木像が仲良く安置されている。 ねねの像の下にはねねが埋葬されているので、ここがお墓といえるのかも。少し登ると利休の意匠による茶室があって、土間の渡廊でつながれている傘亭と時雨亭も見もの。


ご利益ある三面大黒天

12:00 ご利益ある三面大黒天

圓徳院(えんとくいん)は、北政所ねねの発願で創建された高台寺の塔頭。北側に秀吉が出世時代に念持仏とした三面大黒天が祀られている。大黒天、弁財天、毘沙門天の三面を併せ持ち、ひとつの仏様を拝むことによって三尊のご利益を得るという。大黒天は福の神、弁財天は学問、毘沙門天は勝利 と子宝の神として信仰を集めている。今お願いしたいのはなんといっても福の神、だよね。


京の味・おみやげを

12:30 京の味・おみやげを

圓徳院の境内にある「京・洛市ねね」で一休み。おそばや甘味などでおなかを満たしたら、2階にある掌美術館へ。北政所ねねの生活を彩った様々な蒔絵の調度品や絵画、その他の美術工芸品を展示。深い安らぎとひとときのくつろぎに身をゆだねて。再び1Fに降りてきたら、お菓子やお漬物、お香や小物など京都の味や伝統工芸などを扱うshopでお土産を買って帰ろう。

Pick up インフォメーション

高台寺花だより

高台寺花だより

春は方丈の庭にしだれ桜が、秋には萩がきれい。 萩の見頃は9月中旬から下旬にかけて。春と紅葉のシーズンには境内がライトアップされます。特にこの付近の紅葉は色も鮮やか。紅葉シーズンは多くの人で賑わいます。


高台寺山門

高台寺山門

山門は方丈や庫裏のある場所から離れた位置にありますが、かつてはここが表門で、門から東に参道が続いていました。また参道を上りきったところに中門があり、方丈へと続く石畳の道が敷かれていたといいます。山門は重要文化財に指定されています。


京・洛市ねね

京・洛市ねね

ねねゆかりの圓徳院境内の化粧御殿に隣接し、 ねねの道から土塀をくぐって、ねねの小径の「あられこぼし」の路地を回遊しながらショッピングや散策が楽しめます。和菓子屋、雑貨屋、喫茶処と、お店をのぞきながら歩くのも楽しいですよ。


ライトアップ 10月8日までの金・土・日曜及び祝日

ライトアップ 10月8日までの金・土・日曜及び祝日

夜間特別拝観として、日没後点灯。ライトアップされたお寺は、昼間とはまた異なる趣がある。受付は21時30分まで。なお、8月10日~20日は毎日行う。


ライトアップコンサート 10月8日までの金・土・日及び祝日

ライトアップコンサート 10月8日までの金・土・日及び祝日

華やかな桃山時代にタイムスリップしたかのようなライトアップコンサート。クラシックやポップス、シャンソンライブ、弦楽四重奏など、どんな内容かはホームページでチェックできる。hhttp://www.kodaiji.com/


観月の茶会  9月

観月の茶会  9月

期間によって記念茶会として夜間拝観を行っていますが、特に秋は「観月の茶会」として名園を前に月を見ながらお茶がいただける。9月1日から24日までの金・土・日曜および9月18日(祝)に開催。受付は18時~19時。参加費は5,800円(点心・喫茶付き)。

■リリース情報 (別ウインドウ・PDFファイルで開きます)
No. 日時 件名 内容
       
■活動の様子 (別ウインドウ・PDFファイルで開きます)
No. 掲載日 掲載メディア 件名 備考
3918 2015.11.14 るるぶ 紹介 関西恋人の聖地マップ
2892 2013.10.24 朝日新聞京都 紹介 おでかけスポット 愛の告白 成功お約束? 「恋人の聖地」府内に3ヵ所
1495 2011.07.15 デートぴあ 紹介 恋人の聖地近畿エリアMAP