恋人の聖地|ココからはじまる、幸せ広がれプロジェクト。

聖地へGO! - 全国各地のラブパワースポットへ行ってみよう

ひとまろさんとよさみひめのふくありのさと
人麻呂さんとよさみ姫の福ありの里

人麻呂さんとよさみ姫の福ありの里

江津市は、島根県の中央部で、中国地方随一の大河「江の川」が日本海に注ぐ「水」のまち。万葉時代に石見国で国司として過ごした柿本人麻呂は、江津で出会った依羅娘子(よさみのおとめ)と恋に落ち、朝務で京へと戻る際にいくつかの歌に想いを託していきました。島の星山(別名・高角山)は、人麻呂さんがよさみ姫(依羅娘子)への惜別の情を詠んだ場所。「石見のや 高角山の木の間より 我が振る袖を 妹見つらんか」。万葉集に載せられた恋の歌の傑作です。今もなお、江津では親しみをこめて人麻呂さん(または人丸さん)、よさみ姫と二人を呼び、市内5カ所に歌碑や二人の銅像を建てて古の恋を偲び続けています。また、市内には「福有りの温泉郷」とも言われる「有福温泉」があり、福を求めて多くのカップルが訪れています。その湯は、透き通るような美しい白肌を作る『美人の湯』として知られ、静かな山里でゆったりとした時間を過ごすことができると人気。古の面影を自然や町並みの景色に感じながらドライブで散策する人も多い。恋心あふれる新企画が注目のエリアとなっている。

住 所 島根県江津市有福温泉町 [MAP]
アクセス 浜田自動車道浜田東ICより県道299号線で約5分
H P http://www.arifuku.net/

デートプラン

珍しいシロイルカに大はしゃぎ

11:00 珍しいシロイルカに大はしゃぎ

「しまね海洋館アクアス」は石見海浜公園のなかにある。TV番組やCMでもおなじみ、愛くるしさが人気のシロイルカに会いに行こう。1階の観覧ホールに行けば、優雅に泳ぐ姿が。運が良ければ、吐き出した息が泡のリングになる「幸せのバブルリング」が見られるかも。これを見られた人は幸せになれると言われているので、じっくり待ってみよう。そのほか島根県の魚やペンギン、アザラシなど時を忘れて癒される。


古の歌を詠む旅

14:00 古の歌を詠む旅

万葉集で有名な歌人・柿本人麻呂と由縁がある土地。島の星山(別名・高角山)は、人麻呂さんがよさみ姫(依羅娘子)との惜別の情をうたった場所。中腹には二人の銅像や、歌が刻まれた歌碑や人丸神社が建てられている。また、その昔隕石が落下したことから島の星山とも呼ばれており、隕石を祀った祠も見学できる。標高470mなので手軽にハイキングでき、山頂に登れば市街から日本海まで眺められる絶景が。山の麓におりれば「山邉神宮」があり、境内には一願成就の「願い石」が安置されている。万葉の時代にタイムスリップした気分で町並みを楽しもう。


神様に願いを込めて

15:00 神様に願いを込めて

861年に創建された歴史ある「多鳩神社」は、よさみ姫が生まれ育ったと伝えられている恵良の近く。かつては石見国の二宮と呼ばれていた古い社。境内には、舟人が南国から持ち帰ったとされるナギの木が立っていて、カップルの縁を深めてくれるとも言われている。これからの二人の幸せを祈ってみては。また、シイやケヤキ、ヒノキなどの大樹も連なり、荘厳な雰囲気。


日本海に沈む夕日を眺めて

17:00 日本海に沈む夕日を眺めて

江津市から浜田市にまたがる県立の「石見海浜公園」を散歩。「波子海水浴場」は、県内外からも大勢が訪れる。また、「石見大崎鼻灯台」から東に向くと、人麻呂さんとよさみ姫の恋物語「石見相聞歌」の世界が広がる。日が暮れる頃には、真っ赤な夕日が海に反射してロマンチックな光景に。何百年も前に生きた人々と同じ景色を見つめていると、とても感慨深い気持ちに。


温泉でくつろぐ贅沢

18:00 温泉でくつろぐ贅沢

宿泊は、1360年の歴史を持つ「有福温泉」で。旅館や公衆浴場が並ぶ温泉街は、山間にありしっとりした情緒ある空気が流れる。温泉は、無色無臭透明な単純アルカリ泉で、透き通るような美しい白肌を作る『美人の湯』として知られている。「福有り」とも言われるその地は、幸せになれるとカップルも多数訪れるそう。ゆったりとした時間を旅館の貸切風呂や、3ヶ所ある外湯で過ごして。

Pick up インフォメーション

石見相聞歌

石見相聞歌

江津市に伝わる恋物語「石見相聞歌」は、万葉集に記されている柿本人麻呂とよさみ姫が江津で交わした歌。和歌史上はじめて個人の叙情が表現されたものと言われている。それにあやかり、江津市では「全国万葉フェスティバルinしまね」が開催される。はるか昔の恋愛、人麻呂さんとよさみ姫が実際に感じた感情、生き生きした言葉を、江津市で感じられるとはとてもロマンチック。万葉集をなぞり、恋の足あとに触れよう。


湯のまち神楽殿

湯のまち神楽殿

温泉街の中心にある「湯のまち神楽殿」では、毎週土曜日の夜に郷土芸能「石見神楽」が上演される。にぎやかな笛、太鼓のはやしにのって、神々の物語を再現する様子は、軽快ながらも厳かだ。もともとは神職による神事だったが、土地の人に受け継がれて一般の人も楽しめる現代の姿になったとか。2〜3演目が上演されるので、お楽しみに。また、秋祭りなどでも上演される。


キャンドルナイト

キャンドルナイト

有福温泉でキャンドルナイトが定期的に行われている。温泉街は、ロウソクの灯りがともされ幻想的な空間に。キャンドルポットは、石見焼の水がめ「はんど」を用いていて、円形や細長の切れ込みが入った器から溢れ出る光の模様はとても優雅。人麻呂とよさみ姫夫婦の紙芝居や石見神楽も同時に上演される。カップルでオリジナルキャンドルポットを作って福の灯をともすのも素敵。


有福婚

有福婚

人麻呂さんとよさみ姫の恋物語にあやかって「ご縁が深まるまち」をテーマに、市全体でカップルをバックアップ。カップルや夫婦で江津市に訪れてもらおうと、宿泊施設や飲食店、観光スポットと連携したり、商品開発をしている。婚礼衣装の写真撮影や、身内だけの食事会、ふしめ婚など、身近にできる式をプロデュース。また、合同お見合いイベントも行なっているので参加してみて。江津で大切な人との縁を深めよう。商工観光課☎0855-52-2501


石見焼

石見焼

水道がなかった時代、1763年ごろに伝わったとされる「石見焼」は水がめなど大きな壺を中心に製造されていた。江戸時代末期には、「石見のはんど」と呼ばれ全国に出荷したそう。時代とともに形を変え、現在では水がめだけではなく、茶器や花壺、食器なども作られている。手にしっくりなじみ、温かみを感じさせてくれる風合いが支持され、石見の伝統工芸として大切にされている。体験教室もあるので旅の想い出に。

■リリース情報 (別ウインドウ・PDFファイルで開きます)
No. 日時 件名 内容
255 2013.05.07 リリース 「有福婚第一号」について
242 2013.04.01 パンフ 幸せのありかへドライブ! ご縁を深める石見へ 島根県江津市
235-2 2013.03.09 リリース 「有福婚第一号」について
216 2012.11.14 チラシ 福有りの地で福を贈る福市開催! 福市 in 有福温泉街
211 2012.09.26 リリース 「恋人の聖地」認定プレートの除幕について
209 2012.08.09 リリース 「恋人の聖地」選定について
■活動の様子 (別ウインドウ・PDFファイルで開きます)
No. 掲載日 掲載メディア 件名 備考
3729 2015.05.14 読売新聞 紹介 「福ありの里」新たな顔
3728 2015.05.14 読売新聞 紹介 「福ありの里」新たな顔
2825 2014.03.21 山陰中央新聞 紹介 「人麻呂さんと行く石見(ゆかりの地を訪ねて)」
2131 2013.06.11 山陰中央新報 紹介 島根ふるさと遺産 万葉歌人・人麻呂の足跡(石見地域)
2131 2013.06.11 山陰中央新報 紹介 島根ふるさと遺産 万葉歌人・人麻呂の足跡(石見地域)
2229 2013.05.12 中国新聞 イベント 恋人の聖地で門出 江津認定後初の結婚式
2227 2013.05.12 山陰中央新報 イベント 恋人の聖地誓う永遠の愛 江津出身新郎と新婦 初「有福婚」住民も祝福
2068 2013.05.12 山陰中央新報 イベント 「恋人の聖地」で初の結婚式
2067 2013.05.12 中国新聞 イベント 「恋人の聖地」で初の結婚式
2196 2013.03.21 山陰中央新報 紹介 鉄製モニュメント設置 有福温泉の新スポットに 
2176 2013.03.17 富山新聞 紹介 「愛する人に贈る川柳」1次審査突破10点決定
3062 2013.03.01 月刊ホテル旅館 紹介 Local Report 島根
2274 2013.02.19 山陰新報 紹介 愛する人に贈る川柳募集 江津市観光協会
1986 2013.01.08 山陰中央新聞 紹介 ブライダル商品販売 恋人の聖地認定受け 少人数挙式に対応
1983 2013.01.01 月刊ホテル旅館 紹介 中国・四国 トピックス 「恋人の聖地」記念プレート
1913 2012.10.14 山陰中央新報 紹介 明日へつなぐ <2>  人麻呂が愛した石見 石見相聞歌 相育んだ舞台観光PRへ
1904 2012.10.02 島根日日新聞 選定 恋人の聖地認定 柿本人麻呂が愛を育んだ地 江津
1903 2012.10.01 山陰中央新聞 選定 ウィークリーファイル 江津市に「恋人の聖地」記念プレート
1864 2012.09.30 山陰中央新聞 選定 恋人の聖地プレート披露 江津・有福温泉に設置
1863 2012.09.30 読売新聞 選定 人麻呂のご縁「恋人の聖地」 江津・有福温泉に看板
1862 2012.09.29 中国新聞 選定 「恋人の聖地」に江津を認定 人麻呂ロマンスの舞台 きょうプレート序幕
1860 2012.09.15 有福温泉 Style vol.11 紹介 恋人の聖地でしあわせ体質になる!
1859 2012.08.26 山陰中央新報 選定 「恋人の聖地」江津に来て 島根で唯一選定 人麻呂ロマンスや観光地 カップル向けパンフ制作